肌身離さずカメラを持つ

カメラを身につけずに外を歩くなんてあり得ない。野球選手がバットを持たずに打席に入るようなものです。

「失われた読者」からのメール

2年ほど前からあなたのサイトを愛読してたものです。しかし、今後あなたのサイトを見るのを止めるのでその理由をお知らせしようとおもいます。

一人旅を嫌がる彼氏

彼が本当に恐れているのは、あなたが旅のトラブルに巻き込まれることではなくて、あなたが一人で知らない世界にどんどん踏み込んでいくことなのかもしれません。

笑顔の撮り方

いちいち「写真を撮ってもいいですか?」と訊ねて、相手に許可を求めているわけではありません。

アジアの治安

「アジアは治安が悪い」というイメージは、メディアを通して得た情報を元に作られたものなのだと思います。

僕が笑顔を撮る理由

シンハラ人もタミル人も同じように笑います。バッタク人もアチェ人も同じように笑う。日本人も中国人も同じように笑う。その真実を前にすれば、乗り越えられない違いなんてありません。

ニートはダメなのか

今から振り返ってみれば、ニートだった数年間は僕にとって必要な時間だったと思います。

なぜ日本人女性はモテるのか

しつこいことで有名なのは、パキスタンとトルコです。日本人と見ると反射的に声を掛けてくるような輩が特に多いようです。

写真家になるための困難な道

フォトグラファーになる決まった道というのは存在しません。紆余曲折を経て、結果としてなってしまった、というものだと考えています。

使用カメラとレンズ

幸いなことに、カメラが壊れて使い物にならなくなった、という事態に陥ったことは一度もありません。

僕の「捨てる!」技術

「あなたが死ねばみんなゴミなのだ」
その通り。僕らはもっとシンプルになるべきなのかもしれません。

「一号線を北上せよ」沢木耕太郎

青春というものは不可逆的に失われゆくものだ。そういう哀しみのようなものを、僕はこの「一号線を北上せよ」から感じてしまうのです。