サリーを染める職人たち

カラフルな原色が好まれるインドでは、サリーを鮮やかな色に染める工場がいくつもある。色を作る仕事人。それを着て働く人々の姿を集めました。

笑顔の国へ、ようこそ

笑顔はどこにでも転がっているはずなのに、いい笑顔をとらえるのはなかなか難しいもの。難しいからこそ、チャレンジする価値があるのだと思う。

生きるために働く

生きるために働く。汗を流し、体を酷使して働く人々の姿からは、シンプルで根源的な人の営みが見えてくる。

農に生きる人々

大地を耕し、雨を待ち、天からの恵みを刈り取る。数千年続く人の営みの原点、農に生きる人々の姿を集めました。

祈りの姿

インドの人々にとって、神への祈りは欠かすのことのできない毎日の日課。寺院で、聖地で、川で、家で。様々な場所で祈る姿を集めました。

インドの市場

スーパーやショッピングモールが増えつつはあるが、いまだにインド庶民の買い物は市場で行うのが普通。特色ある市場の写真を集めました。

アジアの学校

アジア各国の学校で撮影した写真を集めました。給食や制服、設備の良し悪しに地域性が反映されています。

動物と共に暮らす

雲の下で、女達が馬の乳を搾る。馬は遊牧民にとって生活の糧であり、乗り物であり、大切な家族なのだ。

インドの子供たちの笑顔

学校で、路地裏で、小数部族が住む村で。インドで出会った子供たちの笑顔。こぼれそうなぐらい大きな瞳が印象的だった。