¥2200

 インド北部の辺境ラダック地方を、6人の写真家がそれぞれの視点で撮った写真が、一冊の本になりました。参加したのは鮫島亜希子さん、角田明子さん、中田浩資さん、関健作さん、松尾純さん、そして僕です。

 ラダックってどんなところだろうと興味をお持ちの方はもちろんのこと、ラダックを何度も訪れている人にとっても驚くような内容かもしれません。モクモク(餃子)、かわいいおばあちゃん、屈託のある若者。それぞれが視線を向ける対象が違っていて、光も色も違う。「写真って面白いなぁ」と改めて感じるような刺激的な内容です。

 一般の書店には流通しない、部数限定の本です。ぜひこの機会にお買い求めください。

 詳しい内容はこちらをご覧ください